ねこ班長ブログ

懸賞・プロ野球が好きな猫班長(ねこはんちょう)による雑記ブログです。

2018年もプロ野球のルールが変更されます①

 今年もプロ野球のルールが変更になりました。 

 

 

 

 

 

今シーズンも開幕まで約2ヵ月ですが、今年もプロ野球のルールが変更されますので紹介していきます。

・リクエス

・申告敬遠

・ピッチャーの2段モーション解禁

 

主にこの3つですが、長くなってしまうので今日はリクエストと申告敬遠についてです。

 

 

「リクエスト制度」

 

まずは変更されたルールの中で私が1番関心のある、「リクエスト」です。審判のジャッジに意義がある場合に監督が映像検証を申し込めるのです(大リーグでいうところのチャレンジです)。

1試合に2回まで権利があり、延長になるとそれまでの回数はリセットで1回という制度です。リクエストに成功すれば回数は減りません。 

 

 

これはいいですね。

前も映像検証はやっていましたが、審判が必要と判断した時だけでした。

リクエスト制度の導入で、お互いに疑惑のアウトやセーフに悶々とする回数が減るのです。少し試合時間が延びるでしょうが、この方が気持ちいいです。

 

(まあ、正直審判の誤審に助けられることもありますが、、、)

 

 

 

リクエストを申請できないプレーがあるみたいなので、調べてみました。

 

・ボーク

・カウントの判定(ストライクかボールか)

・ハーフスイング

・走塁妨害

・守備妨害

・インフィールドフライ

・審判(塁審)より前の打球

・自打球

 

 

結構制限がありますね。

あれっ、守備妨害と走塁妨害は対象外ですか、、、

重要な事なのに、これは意外でした。

 

 

 

「申告敬遠」

 

 次は「申告敬遠」です。

監督が申請すれば、ピッチャーは敬遠の球を投げないでそのままバッターに1塁に進んでもらうという事ですが、、、

 

これはダメです。NGです。

(私の意見ですよ)

敬遠にはドラマが起こる可能性があるのに、、、。ドラマというか、アクシデントというか。何かが起こるかも、3塁にいるランナー誰だっけ?そんな期待と不安でいっぱい、それが敬遠のはずです、、、 (大げさ?)

 

 

試合時間短縮の為とピッチャーの負担軽減の為のルールです。

まあ、バッテリーからすれば、球数は減るし暴投やパスボールの心配がいらなくなるので嬉しい変更なのでしょうね。

 

また、今まで通り投げて敬遠してもいいし、カウントが悪くなった場合など打席の途中からでも申告敬遠にできます。

 

 

 あっ、へえー・・・

途中からでもいいんですね。

途中からやると変な雰囲気にるでしょうね、、、。

 

日本人は敬遠も試合の一部として間を楽しむ人がたくさんいるのに対し、アメリカでは申告敬遠は観客から歓迎される場合が多いそうです。4球を投げる時間の無駄とバッサリです。

 

 

 

余談ですが・・・

 

 

 あとこれはルール変更とは違いますが、セリーグの理事会がクライマックスシリーズの日程の変更を検討している事が明らかになりました。西山和夫理事長(中日球団代表)は「セは屋根付き球場を持つ球団が少なく、(日程を)パと同じには考えられない。ルール変更はない」としており、打ち切りを回避し、予備日を増やす等の余裕を持たせた日程になる予定だそうです。

 

 

 

他の変更されたルールについては、次の機会に書きます。