ねこ班長ブログ

懸賞・プロ野球が好きな猫班長(ねこはんちょう)による雑記ブログです。

DAZNを1カ月視聴した感想・まとめ

DAZNプロ野球を1カ月間視聴したので、使用感をまとめてみました。

 

 

DAZNは130以上のスポーツコンテンツが見放題のサービスです。

 

月額1,750円(税抜)

ドコモユーザー月額980円(税抜)

スポナビライブ加入者や特別割引プランのメールを受け取った方も月額980円(税抜)

 

 

読売ジャイアンツの主催試合は視聴できません。

 

2018年7月14日追記:

DAZNでオールスターは視聴できませんでした。今後はわかりませんが・・・

 

2018年7月18日追記:

この日のナイターは最初から最後まで画質が最悪で、何をしても直りませんでした。

 

目次

視聴環境 

・ネット環境

大手キャリアの光

 

・視聴媒体

iPad Air2

 

・視聴時刻

18:00〜21:00くらい 

・いいところ

画質が良い

突然画質が粗くなる事はありますが、通常時はとても良いです。

iPadなので画面が大きく見れますし、快適。

 

巻き戻し、一時停止できる

視聴前はそんな機能使わないと思っていましたが、便利です。

 

トイレ行くとき、緊急でコンビニ行く時、一時停止。

 

他の試合へも切り替えが簡単

あっちの試合どうなってるかな・・・という時、切り替えが簡単です。

 

 

画面いっぱいにして見ている状態から、まず画面をタップ。

画面の真ん中に一時停止ボタンと再生ボタン、下部に中継進行具合を示すバー、画面を縮めるボタン等が出てくるので縮めるボタンをタップ。

 

ホーム画面になり現在中継しているスポーツ番組が一覧で表示されているので、見たい番組をタップ。

 

 

パッと切り替え、パッと戻せます。

 

 

f:id:kensyoudemouketai:20180704164802j:plain

・悪いところ

光回線なので超快適なのかと思ったら、そこまでではなかった。

 

フリーズする

  

30分に1回くらい画面が固まります。

固まる=フリーズですが、この2つの方法ですぐ直りました。

 

  

①固まったら一旦そのチャンネルから出て、また入り直す。

 

②固まったら「ライブ」というボタンをを押す。

 

 

②は画面はフリーズしてはいるけど内部的には試合は進んでいるので、ライブボタンで強制的に飛ばしてしまう感じ。

 

 

フリーズ〜ライブボタンを押すまでの間を見たければ、巻き戻して簡単に見れます。そこから再視聴してもよし、ライブ中継に戻してもよし。某YouTubeのように画面下部にバーが出ているので、そこを操作して巻き戻します。

 

画質が荒くなる

 

突然が画質が荒くなります。

モザイクをかけたようになり、人物が写っているのはわかるけど誰だかはわからないくらいの荒さ。

 

20〜30分に1回くらい、1回は10秒〜1分くらい。

 

 

これもフリーズと同じ様に、1度チャンネルから出て再び入り直すと直ったりします。1度直らなかった事があるのですが、DAZNを一旦閉じてまた起動すると戻りました。通信状態が一時的に悪くなったのでしょうか?

 

 

私が不快に思ったのはこれくらいです。

フリーズも画質が悪くなるのも、直すのはそんなに手間ではありません。

ですが野球を楽しんでいるのにフリーズしたりするとイラッとします。

 

回数に若干ばらつきはあるかもしれませんが、試合終了までフリーズも画質悪も必ず数回ありました。

 

 

 

でも料金を考えると、仕方ないかなという感じですね。

(しかし光回線で観てもこれか、と思わなくもないです)

 

 

あとこれは分かっている事ですが、巨人の主催試合が視聴できないのは他球団ファンでも大きいですね。

遅延がひどい?

あとは巷で言われている、「DAZNは遅延がひどい」という件ですが。

確認してみましたが私の場合、現地とのタイムラグは1〜2分でした。

 

 

個人的にはあまり気になりません。

ネットの実況掲示板とか、ラジオとかテレビを一緒に見たりしない限りは大した問題ではない様に思います。 

プロ野球 一試合の通信量は?

 光回線を切って4G回線で視聴し、どれくらい通信量を使うのか調べました。

一試合まるまる視聴した訳ではなく、10分ですが。

 

 

視聴媒体は同じくiPad Air2。

大手キャリア4G。

 

 

1回目

視聴時間19:25〜19:35

 

これまでの合計5.6GB

10分視聴後

5.6→6.2GB

 

 

2回目

視聴時間20:00〜20:10

 これまでの合計6.2GB(1回目終わったあとの数字ですね)

 

10分視聴後

6.2→6.8GB

 

 

10分で0.6GBくらいの通信量ですね。

 

 

プロ野球が一試合3時間(180分)とすると、10.8GBくらい。

 2時間(120分)だと7.2GBくらいです。

 

これだと翌日通信速度制限がかかりますし、私が4Gで見るのは無理です。

Wi-Fi必須。

 

 

DAZNは通信環境によって自動で画質が変更される様です。

これは私の視聴環境での結果なので、スマートフォンで観たり パソコンで観たりすると違う結果が出ると思います。 

まとめ

iPad Air2、光回線で視聴すると画質が良い。

光回線でもフリーズ、一時的画質低下はある。

・他試合、他番組への切り替えはスムーズ

iPad Air2で4G回線を使うと10分で0.6GB使う

・巨人の主催試合は視聴できないのが残念

・特別料金なら悪いところも含め納得。通常料金だと・・・悩む。

 

 

以上でした。

読んでくれてありがとうございました。