湯河原町 花長園で漁師さん直送の海鮮をいただく

神奈川県湯河原町にある「古宿 花長園」さん。何度か行っているのですが、この記事は2016年9月の記録です。確かに古宿。ディスってないですよ。最高の古宿です。とにかく夕食の海鮮が美味しくて最高なのです。何度でも行きたい!

 旅館玄関付近の様子。大きな水槽がお出迎え

玄関の目の前が駐車場になっていますので、車はそこに駐車します。

 

f:id:kensyoudemouketai:20180715223436j:plain

 建物に入ると大きな水槽がこんにちは。旅行予約サイトのレビューで、この水槽が臭うとたまに書かれていますが、全然そんなことはないと思います(水槽があるのだから水槽の匂いはします)。

 

f:id:kensyoudemouketai:20180715223447j:plain

 水槽のなかには魚が。今夜の夕飯でしょうか。うん、絶対そうですね。

2016年に完成した「竹宝の間」に宿泊

f:id:kensyoudemouketai:20180715225003j:plain

 2016年に新築された離れ、竹宝の間。この宿のスイートルームにあたります(他にもスイートはあります)。写真には写っていませんがもう一部屋あり、寝室になっています。奥のスリッパがあるところを右に行くと洗面所、そして露天風呂へと繋がっています。写真右手の襖を開けると露天風呂が見えます。露天風呂は信楽焼きの湯船。大人が3人くらいまでならゆったり入れる大きさだと思います。写真には写っていませんが、シャワーもあり、シャンプーやボディソープはDHCでした。DHC大好きなので嬉しい。

 

露天風呂からの景色についてですが、石垣と崖?が目の前にあり、景色が良いというわけではありません。でも外から見える心配もないという事ですね。屋外のお風呂はとても気持ちが良く、湯河原のやわらかいお湯にいつまでも浸かっていられるなんて贅沢。この日は連泊したのですが、2日目はお風呂に苔のような物がたくさん浮いていました。お湯が出るところから出てきているのでしょうか?

食事は朝夕共に部屋出し。お刺身が新鮮!

f:id:kensyoudemouketai:20180715223457j:plain

 肝心の夕食の写真を撮り忘れました。なのでもっと以前行った時の夕食の写真を。この時のプランは「平日格安プラン菖蒲」という1番リーズナブルなプランでした。鮟鱇鍋、お刺身、なめろう、茄子田楽、コーンごはんが写っています(あとから天ぷらやデザートも来ます)。ちょっと分かりづらい写真で申し訳ないのですが、この菖蒲プランですら味もボリュームも言うことなし。

 

 どこでいただくよりお刺身が抜群で、新鮮さに感動です。今までそれなりにあちこち温泉旅館には行きましたが、1番美味しいお刺身を食べさせてくれるのはここだと思っています。全プランお食事は部屋出し、それもすごく気に入っています。

 

 この旅館は色々なタイプのお部屋がありますが、宿泊する部屋のグレードでお食事内容が決まるわけではなく、リーズナブルなお部屋に泊まって食事はリッチに、または広い部屋に泊まって食事はリーズナブルにと自分で決める事が出来るんですね。一回の旅行の予算が厳しい我が家は、そのあたりものすごく悩んで決めます。この記事で紹介している竹宝の間の宿泊時(連泊)は1日目「樹」、2日目は「利休」(下から2番目?のプラン)という感じにしました。

  

f:id:kensyoudemouketai:20180715223452j:plain

朝食はどのプランでも同じ様なメニューだと思います。写真には写っていませんが、厚い玉子焼きが人気のメニューだそうです。私は玉子よりカマスの干物が美味しかった。

帰りにネコに遭遇 ・寄り道した「いしだ商店」

f:id:kensyoudemouketai:20180715223535j:plain

 玄関のあたりで撮影。この旅館にはネコが住みついています。部屋に遊びに来ることもあるそうなのですが、館内で遭遇したことはまだありません。旅館の外で会えただけでもラッキーですが、次回は部屋で会いたい!

  

f:id:kensyoudemouketai:20180715223523j:plain

 東京方面⇔湯河原の旅路では、この看板を目にします。「いしだ商店」さん。今までスルーしてきましたが、とうとう入ってみました。

 

f:id:kensyoudemouketai:20180715223528j:plain

お店の2階でいただきます。こんな感じで自分で焼くスタイル。ホタテと、ホイルに包まっているのは殻付き牡蠣です。 あとから魚の干物も注文しました。もう言うまでもなく美味しかったですよ。特に牡蠣!ジューシーで身が大きくて、何個でもいける感じです。ランチとしては割高と思いましたが、せっかくの旅行なので。私は焼き物しか食べなかったのですが、お刺身や丼物、定食もあるようです。この時注文したメニューの値段を忘れてしまったので、現時点(2018年7月)の値段を公式サイトで調べました。

 

牡蠣2個 ¥600

牡蠣4個 ¥1,000

サンマ干物 ¥400

ホタテ2枚 ¥700

 

同行者(モザイクの人)は魚介類が好きではないので、何か他のものを食べていたのですが、 さっぱり思い出せません・・・

まとめ・補足

「花長園」は食事内容を考えると、どのプランでもかなり良心的な値段設定がされていると思います。スイートルーム(新設された露天風呂付きのお部屋)に泊まって食事も最高のプランにしたら、平日で1人20,000円〜ですが、他の旅館で同じ条件ならもっとするのではないでしょうか。

  

最後にお風呂について。部屋についている露天風呂の事しか書かなかったので、この旅館のお風呂のことも少し。お風呂は全て貸し切りです。もちろん天然温泉かけ流し。石造りの露天風呂が2つ、内風呂が3つ。フロントで空いているお風呂の札をかりて、入口にその札をかけて(入浴中のサインにする)から入るシステムです。24時間入れるのも嬉しい。内風呂は入った事がないのですが、露天風呂は貸し切りでいいのかと思うくらい立派。5人家族で入ってもゆったりできる広さだと思います。

 

 「古宿 」を自称している花長園さん。たしかに旅館自体は古いですが、新築のお部屋もありますし、他のところも順次手直しをしていくそうです。きれいになるのは嬉しいですが、料金が上がるのではないかと心配です。 

旅館情報

所在地:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上656

部屋数12部屋

チェックイン15:00

チェックアウト11:00

 

無料駐車場10台あり

湯河原駅から無料送迎あり

いしだ商店情報

所在地:神奈川県小田原市江之浦407-126

無料駐車場あり

海沿いの国道135にあります。上りも下りも1本道なので迷わないと思います。最寄り駅はJR根府川駅ですが、2キロほど離れています。

 

※2018年時点での情報になります。